BOXERの、アニマルトークがはじまります。

最終更新: 2019年11月24日


その場で得られる知識やスキル、明確な目的や、ゴールの設定、そして手法論...。

世の中で行われているトークイベントの多くは、”ため”になるものとして設定されておりますが、ニエンテ的トークイベント『アニマルトーク』では、登壇する人もどんな話の展開になっていくかわからない偶発性を大切に、楽しめたらと思います。

ダンサーでときどき絵描き、そして無類の動物好きのBOXERが、毎回ゲストを招いて台本なし・打ち合わせなしで贈るグルーヴィーなトークセッション。

テストや試験に出るような体系的な知識として持って帰れるものは、もしかしたら少ないかもしれませんが、「ただただ動物が好き」という共通項からはじまる“目的のない生お喋り”だからこそ生まれるバイヴスや、温度のある教訓はお持ち帰りいただけると信じております。


第一回目のゲストは、山田義樹 氏を招いて『鳥』をテーマに語っていただきます。

二人の話がどこに降り立つのか、、、流れに身を任せてお楽しみください。


目的よりも、グルーヴ重視のトークセッションシリーズ『アニマルトーク』。


金曜の夜、豪徳寺でお待ちしております。



--詳細--


登壇:BOXER(ダンサー)、山田義樹(IT企業勤務)

日時:12/13(金)20:00~21:30ぐらい※あとは流れで

場所:『 niente と tokyobike 』世田谷区赤堤2-3-9 (小田急線豪徳寺駅/世田谷線山下より徒歩5分)

参加費:500円  会場内での飲食が可能です。お持込みいただいてリラックスしたトークタイムをお過ごしください。

定員:30名ほど

予約:03-6379-1705 / info@niente.co.jp あてにご連絡ください。



---- BOXER 略歴 ----

飛田篤志。一人っ子として茨城県に生まれる。一人っ子の特権である一人の時間をひたすら恐竜図鑑を読みふける時間に費やす。小学校低学年の時買ってもらった図鑑と、家にあった古い恐竜図鑑では恐竜の描写も生息地も全く違う事に気付き[世界にあるものは意外とあやふやなものでどんどん変わっていくのであろうか]と幼いながら思う。そこから図鑑を読みながらテレビで動物番組を見る生活に浸っていく。幼少期は恐竜から、カエル、爬虫類などに興味が移り風呂場で一人カエルの真似をしていた。とにかく汚いとされる場所に住む生き物に興味があり、カエルや鯉、ドブネズミなどには目がなかった。中学時代から動物を飼うことが増え、ベルツノガエル、アフリカツメガエル、熱帯魚、スナネズミ、フェレットなどを飼育。そのうち恐竜から実際の動物に興味が移る。最初はカタチや珍しさ、大きさなどから入るが生態や性、同種での殺し合い、など生命の神秘や不思議に取り憑かれていく。どこからどこまでが科学的でどこまでがオカルトなのか、武術から小説、漫画やテレビ、あらゆる媒体を通し得た知識を僕のフィルターを通し、最終的には動物から遥かな生命の、いや宇宙の神秘を感じる話をしていきたい所存です。


--- ゲスト紹介 ---



山田義樹。デザイナー、tokyobikeを経て現在はIT企業に勤務。都内にて夫婦で2羽のオウムを飼っている鳥愛好家。料理好き、映画好き、とにかく博学で色々な話の引き出しを持っている。BOXERとは2度目の対面になるのだが、じっくり話すのは今回が初めてとなる。どんな話が繰り広げられるか、期待が膨らむばかり!!