発掘・日本のポテンシャル素材

最終更新: 2019年11月18日


こんばんは、ポテンシャルハンターの見城です。


製造の過程で傷やシワなどが多く流通できないと判断されて処分されそうになっていたセルビッチデニムの生地を、特別に買い取らせていただきました。

発注する前にサンプルは確認しておりましたが、改めて手に取ってみるとすごくいい質感のデニムで、しかも反(50メートル巻)でくるとその重みにもテンション上がりますね。確かに所々に擦れたような跡があるものの、もうねぇ、可能性しか感じないっ!


うるしのうちわに続く、ニエンテなプロダクト第二弾が着々と進行しております。

さてさて、ここから何ができるのか、どうぞお楽しみに。


あ、それから、ものづくりに携わっている方で、いつも「これ何かにならないかなぁ〜」と思いながら捨ててる方いらっしゃいましたら、info@niente.co.jp 宛にお気軽にご相談ください。