『辻 恵子 作品展』 終了いたしました。


辻さんの展示が、おだやかに終了いたしました。

最後に、僕も作品を一点購入させていただきました。実は最初から狙っていた作品で、よくみるとイタリアの通貨がまだリラの時代の切手で、配色もデザインもツボでした。踊る人たちの合間をぬってぴょっこり出てきた少年が一人。


それはまるで、公園や街の片隅で見たおもしかった出来事を、急いで家族に知らせに行くかのような。聴きたいラジオ番組の時間が、もうあと少しのところまで迫っているかのような。


小さな額の中に、楽しげな物語が、潜んでいました。

身の回りの何気ない印刷物の中に、潜んでいました。


『たのしく、想像すること』


この作品を眺めるたびに、“ものごとの見方を変えると、日常がちょっとおもしろくなる”

そんなニエンテの“初心”に立ち返りたいと思います。



さてさて、どこに飾ろうかな...



辻さん、会期中にご来店いただいた皆さま、本当にありがとうございました。